戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

木村重成(きむら-しげなり)

プロフィール

木村重成
Shigenari Kimura

豊臣秀頼の側近。長門守(ながとのかみ)。出身不明。

大坂の陣では、真田幸村らとともに壮絶な戦いを繰り広げた。

享年23?(1593?-1615)。主君の秀頼と同い年くらい。

詳細

木村重成は眉目秀麗で情にも厚い、若武者。重成は幼少の頃から豊臣秀頼豊臣秀頼に仕えていました。

豊臣と徳川の最後の戦い、大坂の陣。冬の陣では、重成は秀頼の使者として徳川秀忠徳川秀忠の陣に赴き、和睦を成立させました。重成の立派な立ち振る舞いに、余裕しゃくしゃくだった徳川の諸侯は、油断してる場合じゃないかもと思いました。

そこで、徳川方は急いで、大坂城の堀を埋めてしまいました。最期の決戦、夏の陣。出陣前、討ち死にを覚悟をしていた重成は、兜に香をたきこめました。当時としては珍しい恋愛結婚で結ばれた青柳と新婚五ヵ月で別れの盃をかわしました。

重成は八千の兵を率いて、長宗我部盛親らと出撃して、河内国(大阪府)若江の戦いで井伊直孝、藤堂高虎藤堂高虎と戦って敗れました。重成の首実験。香がたちこめられいる重成の兜。東軍の武将は、重成のその奥ゆかしさにまたも、胸を打ったのでした。

木村重成相関図

主君

豊臣秀頼豊臣秀頼

大坂の陣西軍

真田幸村真田幸村後藤又兵衛毛利勝永長宗我部盛親塙団右衛門

  

関連トピック

木村重成イラスト