戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国人物一覧

戦国人物解説

木村重成(きむら-しげなり)秀頼側近の若武者、大坂の陣に挑む

目次

プロフィール詳細相関図参考文献関連記事

プロフィール

木村重成
Shigenari Kimura

豊臣秀頼側近。長門守(ながとのかみ)。出身不明。

大坂冬の陣が初陣で、佐竹義宣隊に攻めかかる。また秀頼の使者として、徳川秀忠の陣に赴き、将軍の誓書を受け取る。

夏の陣では討ち死を覚悟で、兜に香をたき、また恋愛結婚で結ばれた青柳別れの盃をかわす。

かくして、長宗我部盛親らと出撃し、藤堂高虎の軍勢を引き受ける――!

享年23?(1593?-1615)。秀頼と同い年くらい。

詳細

父や出自はよくわかっていませんが、幼少の頃から豊臣秀頼豊臣秀頼に仕え、年も秀頼と同じくらいと推定されます。

初陣は、大坂冬の陣最大の激戦となった鴫野(しぎの)・今福の戦い。今福を攻める佐竹義宣隊に攻めかかり、佐竹は上杉勢に援軍を求めるほどでした。

このような難攻不落の大坂城に、力攻めを諦めた徳川家康家康は和睦にこぎつけました。重成は秀頼の使者として、岡山の徳川秀忠徳川秀忠の陣に赴き、将軍の誓書を受け取りました。

重成の立派な立ち振る舞いに、余裕しゃくしゃくだった居合わせた諸将は感嘆。また油断してる場合ではないと思いました。かくして徳川方は急いで、大坂城の堀を埋めてしまいました。

最期の決戦、夏の陣。出陣前、討ち死にを覚悟をしていた重成は、兜に香をたきこめました。当時としては珍しい恋愛結婚で結ばれた青柳と、新婚五ヵ月で別れの盃をかわしました。

重成は八〇〇〇の兵を率いて、長宗我部盛親らと出撃。河内国(大阪府)若江に出陣、藤堂高虎藤堂高虎の軍勢を引き受け、その半数を失わせました。しかし、続けて攻め寄せた井伊直孝を防ぎきれませんでした。

重成の首実験。香がたちこめられいる重成の兜。東軍の武将は、重成のその奥ゆかしさにまたも、胸を打ったのでした。

木村重成 相関図

主君

豊臣秀頼豊臣秀頼

大坂の陣西軍

真田幸村真田幸村後藤又兵衛毛利勝永長宗我部盛親塙団右衛門

  

参考文献

関連記事

木村重成イラスト