戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国人物一覧

戦国人物解説

毛利勝永(もうり-かつなが)幸村と共に善戦す、大坂方先鋒

目次

プロフィール詳細相関図参考文献関連記事

プロフィール

毛利勝永
Katsunaga Morui

豊前の武将。大坂の陣・真田幸村の相方。中国地方の毛利氏とは関係ない。

関ヶ原の戦いでは西軍に属して、小倉城で東軍の黒田官兵衛と戦う。

西軍敗北により領地が没収されると、土佐の山内一豊の預かりとなる。豊臣秀頼からの誘いを受けて、土佐を脱出。

大坂方の先鋒として松平勢を蹴散らし、勝永・幸村の強襲に徳川家康、まさかの敗走――!?

享年41?(1575?-1615)。同世代は光海君長宗我部盛親浅野長政江(小督)

詳細

慶長前期地図_九州地方
図2:慶長前期地図_九州地方

豊前(福岡県東部と大分県北部)に一万領する毛利氏は中国地方の毛利家とは特に縁はなく、前姓は「森」でした。父は秀吉の家臣の勝信で、秀吉に命によって毛利に改姓しました。

関ヶ原の戦いでは西軍に属して、小倉城で黒田官兵衛黒田官兵衛と戦いました。西軍の敗北で領地は没収され、土佐の山内一豊山内一豊に身柄を預けられました。しかし豊臣秀頼豊臣秀頼から誘いがきて、土佐を脱出しました。

大坂の陣には真田幸村真田幸村が息子の大助を連れていました。勝永も息子を連れてたので、似た境遇の幸村を勝永は意識していたようです。

大坂夏の陣では後藤又兵衛と幸村と勝永、三人で一緒に攻めるはずでしたが、幸村と勝永は出遅れて、又兵衛は戦死しました。

翌日、勝永は大坂方の先鋒として松平勢を蹴散らし、正午には忠朝を討ち死にさせました。その後も快進撃を続け、徳川家康徳川家康本陣へ突き進みました。

また幸村隊は一直線家康本陣にめがけて突進。幸村・勝永の強襲は家康の予測しておらず、本営は崩れてしまい、家康、まさかの敗走となりました。

大坂方は多勢によく戦いましたが、幸村隊の壊滅。大坂方は総崩れとなり、勝永は自害。豊臣秀頼豊臣秀頼を介錯したのは勝永との説もあります。戦国時代の最後の輝きを放った、幸村と勝永でした。

毛利勝永 相関図

大坂の陣西軍

真田幸村真田幸村後藤又兵衛長宗我部盛親塙団右衛門木村重成

  

参考文献

関連トピック