戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

毛利勝永(もうり-かつなが)

プロフィール

毛利勝永
Katsunaga Morui

福岡県の武将。中国地方の毛利氏とは関係ない。

関ヶ原の戦いでは、西軍につき、九州・小倉城で東軍の黒田官兵衛と戦う。

西軍敗北により、領地が没収されると、大坂の陣で西軍として真田幸村ともに活躍。儚く散った。

享年41?(1575?-1615)。同世代は、光海君長宗我部盛親浅野長政江(小督)

詳細

九州の豊前に1万石領する毛利勝永は中国地方の毛利家とは特に縁はなく、前姓は「森」でした。秀吉に命によって毛利に改姓しました。

関ヶ原の戦いでは、西軍につき、九州の地、小倉城で黒田官兵衛黒田官兵衛と戦いました。西軍の敗北で、領地は没収され、土佐の山内一豊山内一豊に身柄を預けられました。しかし、豊臣家から打倒徳川の誘いが来て、土佐を脱出。大坂の陣に挑みました。

大坂の陣には真田幸村真田幸村が息子の大助を連れていました。勝永も息子を連れてたので、似た境遇の幸村を勝永は意識していたようです。大坂夏の陣では後藤又兵衛と幸村と勝永、三人で一緒に徳川を叩くはずでしたが、幸村と勝永は出遅れて、又兵衛を死なせてしまいました。

翌日、勝永は藤堂・井伊・本多・榊原相手に奮闘。敵方にとって重要な武将も討ち取る活躍をしました。幸村・勝永の強襲は徳川家康徳川家康の予測していなかった所で、家康の本営は崩れてしまい、家康、まさかの敗走となりました。

しかし衆寡敵せず、徳川との兵力の差で、幸村隊の壊滅。大坂方は総崩れとなり、勝永は自害。豊臣秀頼を介錯したのは勝永との説もあります。戦国時代の最後の輝きを放った、幸村と勝永でした。

毛利勝永 相関図

大坂の陣西軍

真田幸村真田幸村後藤又兵衛長宗我部盛親塙団右衛門木村重成

  

関連トピック

更新日:/公開日:2008.11.30