戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

立花道雪(たちばな-どうせつ)

プロフィール

立花道雪
Dousetsu Tachibana

大分県の武将。幼名は八幡丸(はちまんまる)。

若い頃、雷を受けて半身不随となる。

足が動かない道雪は輿(こし)に乗って戦場を駆け巡り、主家の大友家の危機を何度も救う。

その姿に人々は鬼道雪と呼んだ。享年73(1513-1585)。

同世代は松永久秀北条氏康綱成

詳細

別名を戸次鑑連(べっきあきつら)。豊後国(大分県)の武将。立花城を落とした時に、立花姓を、剃髪後、立花道雪道雪と名乗るようになりました。

道雪は大友宗麟大友宗麟(そうりん)の重臣として71年の生涯をずっといくさに明け暮れていました。しかし、彼は若い頃、落雷を受け半身不随となっていました。しかし、動かない足ならば、輿(こし)に乗って、敵の中に身を投じるというすさまじさで、鬼道雪と呼ばれていました。

前進あるのみ、退却はしないというポリシー。九州制圧を目論む島津義弘島津義弘率いる島津氏の軍勢の前にはいつも道雪が立ちはだかっているのでした。そんな道雪との面会を遠く、甲斐の武田信玄武田信玄が望んだとされていいます。

道雪は男子に恵まれなかった為、盟友の高橋招運(しょううん)の子を婿養子に迎えました。この婿養子はのちの立花宗茂立花宗茂であり、道雪同様、島津氏の前に大きく立ちはだかるのでした。

足が動かぬとも大友氏の家臣として、ほとんどのいくさを勝利で治めた道雪。その並々ならぬパワーに圧倒されてしまいます。

立花道雪相関図

主君、家族

主君:大友宗麟大友宗麟

婿養子:立花宗茂立花宗茂

ライバル

島津義弘島津義弘龍造寺隆信龍造寺隆信鍋島直茂鍋島直茂

道雪に惚れ込んだ武将

武田信玄武田信玄

  

関連トピック

立花道雪

肖像素材/イラスト:石垣漫画シルバー