戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝 綬(朝服後布)フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト

解説概要詳細国王百官大帯

メモ参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

綬_国王冕服

綬_朝鮮国王冕服

解説

概要

朝鮮国王冕服後ろ姿
図:朝鮮国王冕服 後ろ姿

綬(ス,수)は後綬(フス,후수)とも言い、礼服である朝服や祭服を着たときに、腰の後ろに垂らした装飾品です。

日本では綬を「ジュ」と発音し、意味は漢和辞典[文献2]によると「ひも、くみひも。特に官職の印として帯びる官印や佩玉(はいぎょく)のひも」とあります。

起源は中国で、朝鮮半島では高麗末期から朝鮮時代まで、国王以下文官武官が朝服や祭服を着る時に用いました。

色糸で織った長方形の布の上部に環を付け、下部には青い糸で編んだ網の青糸網(チョンサマン,청사망)を垂らします。

品階によって糸の色数と文様、環の素材が使い分けられました。青糸網は一品~九品の全ての官吏の後綬に付いています。

詳細

国王

朝鮮の『経国大典』および『国朝五礼儀』に規定された綬について、国王が大礼服の冕服に用いる綬は薄い赤の纁色(フンセク,훈색)の地に粧花(チャンファ,장화)が入った絹です。

百官

百官(官吏)は下の表のとおり。

階級 文様
一・二品 黄・緑・赤・紫 雲鶴
三品 盤鵰(パンジョムン/鷹紋)
四品 黄・緑・赤 練鵲(ジャンムン/百舌鳥紋)
五・六品
七・八・九品 黄・緑 鸂䳵(ケチンムン/鴨紋)

大帯

綬は大帯と接続されています。大帯は柄はなく、表は白の無文絹、裏は赤絹で縁取りを当てますが、帯の部分の表地は褐色、垂れた部分は緑の縁取りで、青い紐を付けます。

メモ

国王の綬において、朝鮮王朝時代の現存を確認できず、また文献を読んでも釈然としなかったのですが、概ねイラストのような感じに落ち着きました。

 

参考文献

  1. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  2. 小学館辞典編集部 『現代漢語例解辞典』(小学館、1996年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

朝服:冕服冕旒冠九章紋蔽膝佩玉・綬

龍補:国王王妃胸背/服飾:国王/王室妃 円衫唐衣

役人 官服・戒服具軍服鎧 甲冑深衣

婚礼服:新郎/新婦:ファロッ緑円衫

男性 装身具:翼善冠紗帽網巾貫子角帯朱笠茼箇戦笠藤策兵符