戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

村上水軍とは 前編

はじめに

文禄・慶長の役において、日本水軍として九鬼嘉隆九鬼嘉隆藤堂高虎藤堂高虎脇坂安治脇坂安治らの他、村上水軍の雄である来島通之・来島通総通総兄弟も朝鮮水軍と死闘を繰り広げました。

これを機に救国の英雄・李舜臣李舜臣とも対決することになった村上水軍について見てみましょう。

1.概要

村上水軍は、中世後期、瀬戸内海地方で活躍した水軍(海賊衆)。能島(のしま)・来島(くるしま)・因島(いんのしま)の三氏からなり、主に船舶からの通行税を資金源とします。

三島村上氏 主家 大坂 木津川口海戦※ 特徴
当主 対応
能島村上氏 特になし。 村上武吉(たけよし) 毛利氏に加勢 独立性が強く、「土地」に興味がなく、多くの国と繋がっていた。
来島村上氏 河野氏と関係が深い。 来島通総(みちふさ) 織田氏に加勢 信長の次は秀吉に属して大名となり、関ヶ原後、豊後森藩主。脱海賊に成功した。
因島村上氏 厳島の戦いから毛利氏。 村上吉充(よしみつ) 毛利氏に加勢 早くから毛利氏に仕え、関ヶ原後は能島村上氏と共に萩藩毛利氏に仕える。

※大坂 木津川口海戦の詳細は後編で解説しています。

2.地図

天正期の瀬戸内海周辺諸国

村上水軍と周辺諸国

3.海賊たちの王・河野氏

村上水軍は、能島(のしま)・来島(くるしま)・因島(いんのしま)の三氏からなり、この三氏は一致団結していたわけではなく、緩い同盟関係で繋がっていました。

然しながら彼らの精神的支柱は、共に河野氏にありました。

河野氏は源平合戦の時に、河野通清(みちきよ)と通信(みちのぶ)父子が源氏方に味方して勢力をのばし、のちに伊予(愛媛県)の守護となりました。

一見、何ら海賊と関わりのない一族に見えますが、河野氏に伝わる『予章記(よしょうき)』という伝承の中で通清は、実に「海洋的」な人物として登場します。

『予章記』によれば、通清は大蛇に化けた明神と河野親清の女中とにできた子で、容姿は大男で美男でしたが、顔の両脇にうろこのようなものがありました。

河野氏が村上水軍(海賊衆)をどう束ねていたのか、来島村上氏以外はっきりしないのですが、『予章記』の通清は、海賊たちの王としての河野氏であることを暗示であると言えるでしょう。

それでは次ページで、村上水軍の戦いと終焉を見てみましょう。

  

関連トピック

参考文献

金谷 匡人 『海賊たちの中世 (歴史文化ライブラリー) 』(吉川弘文館 、1998年)

宇田川 武久『戦国水軍の興亡 (平凡社新書) 』(平凡社 、2002年)

文禄・慶長の役

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図/村上水軍とは 前編・後編

戦後

日朝国交回復年表

朝鮮国 人物

王室:宣祖光海君/朝廷:柳成龍金誠一/陸軍:権慄金時敏沙也可

水軍:李舜臣李舜臣元均/義兵将:郭再祐/学者:姜沆

明国 人物

万暦帝沈惟敬李如松楊鎬陳璘