戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝 女性冠・簇頭里(チョクトゥリ)フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト 解説概要種類飾り

参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

簇頭里(チョクトゥリ)

チョクトゥリ(簇頭里)_朝鮮女性冠

解説

概要

簇頭里(チョクトゥリ)構成
図:簇頭里_構成

チョクトゥリ(簇頭里,족두리)は、朝鮮時代に女性が儀式の際に礼服に合わせて被った冠の一つ。中国の元から伝えられたとされています。

黒絹六枚を繋いで丸く形作ったものに、綿を入れてあります。

種類

チョクトゥリは、飾りの付いていないミンチョクトゥリ、オヨムチョクトゥリなどの種類があります。

一八世紀の英祖(ヨンジョ)代に下された加髢(カチェ)禁止令が下り、鬘(かつら)が使えなくなったためにクミンチョクトゥリ(꾸민족두리)が流行しました。

クミンチョクトゥリのクミンとは「飾った」の意味で、朝鮮時代の宮中や士大夫女性たちが礼式の際に用いました。庶民も婚礼の際には、緑円衫を着てクミンチョクトゥリを被りました。

飾り

クミンチョクトゥリはイラストのように、玉板に珊瑚、翡翠、真珠だどの宝石が各面に縫い付けてあります。

具体的には、五行説に基づいて頂部に五色の玉、正面に数珠状の五色房飾り、花や、吉祥文字として(寿)福(福)康寧などを付けたりします。

非常に華やかな花冠に対して、黒絹の落ち着いた雰囲気の簇頭里(チョクトゥリ)です。

参考文献

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

婚礼服:新郎/新婦:ファロッ緑円衫

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョ

ティコジノリゲ花冠・簇頭里