戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝 婚礼服・緑円衫 フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト 解説:1.緑円衫とは 2.頭の飾り 3.顔の丸紅

4.メモ参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

新婦_緑円衫

緑円衫(ノグォンサム)朝鮮新婦

解説

1.緑円衫とは

緑円衫(ノグォンサム)構成
図:緑円衫姿_構成部分名

緑円衫(ノグォンサム,녹원삼)は、朝鮮王朝時代に王女・女官や士大夫の婦人たちが着た礼服です。

庶民の間でも新婦の婚礼服(ホルレボク,혼례복)として緑円衫を着ましたが、金箔を施さず、袖にセクトン(色縞)が多く入っており、宮中円衫と区別されました。

草緑色の紗(サ/生糸で織った絹)や緞(タン/朱子織絹)の袖に赤・黄のセクトンを施し、袖先には一重の汗衫(ハンサム,한삼)を付けました。上流階級では華麗に金箔の花紋を施し、紅色の帯を締めました。

婚礼着用時は、髪型をオヨモリなどにして、ピニョ(かんざし)である龍簪(ヨンジャム)を挿し、黒絹の冠の簇頭里(チョクトゥリ)を被りました。

更に帯状の頭飾りとして両肩にトゥリム唐只(テンギ)、後頭部にトトゥラク唐只を垂らしました。

3.顔の丸紅

邪気を取り除くために、額と頬に丸い紅を塗ることをコンジ(곤지)と言います。

4.メモ

婚礼服として緑円衫の他に、ファロッ(華衣)があります。当イラストは中下層の新婦をイメージして描きました。思い出されるのは韓国時代劇「100日の郎君様」のヒロイン。しかし彼女の元々の血筋は両班なんだなー(笑)。

緑円衫などの汗衫の上に、イラストのように白い布を掛ける場合がありますが、この布の名称がわかりません。ご存じの方はメールをいただけるとうれしいです。

参考文献

  1. 金英淑(編著) 中村克哉(訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  2. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

婚礼服:新郎/新婦:ファロッ・緑円衫

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョ

花冠ティコジノリゲ