戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝 婚礼用リボン トトゥラク唐只 フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト

解説概要形態文様付け方メモ

参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

トトゥラク唐只(テンギ)

トトゥラク唐只(テンギ)

解説

概要

トトゥラク唐只(テンギ)構成
図:トトゥラク唐只_構成

トトゥラクテンギ(道吐楽唐只/도투락댕기)は、礼装用のテンギ(リボン)の一つで、朝鮮時代以降に用いられました。

円衫ファロッなどの婚礼服を着て、黒絹冠の簇頭里(チョクトゥリ)や花冠を被った上で、後頭部に長く垂らしました。

形態

深紅・黒などの絹製で、上部は二等辺三角形でその下は二つに分かれています。丈はスカートのチマより若干短く180cm、幅10cmほど。

外側は花紋や文字紋を金箔で施したり、玉、蜜花(ミルファ/黄琥珀)、七宝(しっぽう)などをつけて、左右に分かれているテンギを繋ぎます。

文様

イラストは、文献2にあった19世紀のトトゥラクテンギをベースに制作しました。

二等辺三角形に鳳凰、その下に蝙蝠(コウモリ)、柘榴(ザクロ)、双童子、左側に吉祥文字である(寿)福(福)康寧、右側に儒教徳目の四徳の仁義(礼)智、左右末端にはデフォルメされた壽福(スボク)を配置。

蝙蝠は「福」と同音で漢字も似ている理由から。実(み)に種が多く詰まっている柘榴と、中国の子供二人・双童子は子宝を願って。トトゥラクテンギの縁には一般に、雷紋(ヌェムン/뇌문)を施します。

付け方

内側の三角形底辺中央に二本の紐をかけ、この紐を頭の髷に巻き付けて固定します。

後ろのリボンであるトトゥラクテンギに対して、前のリボンはトゥリムテンギ(드림댕기)と言います。

メモ

朝鮮の新婦は、物理的に縁起を担いで婚礼に臨んでいたとは!ノリゲの次に描いてみたいなと思っていたのが、華麗にも奇怪な印象を受けるこのトトゥラクテンギ。単独で見るとタペストリーみたいだな、と思いました。自分の部屋の壁に飾ってみたい感じです。運気も上がりそう?

 

参考文献

  1. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  2. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃胸背

服飾:国王/王室妃 円衫唐衣/役人 官服戒服具軍服鎧 甲冑

婚礼服:新郎/新婦:ファロッ緑円衫

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョティコジノリゲ

花冠簇頭里・トトゥラク唐只・トゥリム唐只

男性 装身具:翼善冠紗帽網巾貫子角帯朱笠茼箇戦笠藤策兵符

器物:亀甲船