戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 戦国講座

戦国講座

北政所系図 父母、兄弟、甥、妹婿など早わかり

目次

1.北政所(杉原、木下家)系図

2.北政所 親戚筋父母兄弟叔父娘婿

3.一口メモ 参考文献関連記事

北政所(杉原、木下家)系図

北政所系図

※転載禁止/禁止私自转载、加工/Reproduction is prohibited.

北政所 親戚筋

北政所北政所:別名ねね。杉原定利の次女。妹のややと共に、織田信長織田信長の弓衆の浅野長勝の養女となる。一四歳の時に一一歳年上の秀吉に嫁ぐ。秀吉との間に子はなく、いろんな所から養子をもらい、育てる。享年77(1548-1624) 。

父母

  • 杉原定利:元の姓は木下。北政所の実父とされる。
  • 朝日殿:杉原家利の子で定利の妻。家定、北政所、やや、くまの母。

兄弟

  • 木下家定:北政所の五歳上の兄。木下勝俊、小早川秀秋の実父。備中国(岡山県)足守城主。関ヶ原の戦いでは、北政所の守護の任にあたり、徳川幕府の下で備中国足守の地位を保つ。享年66
  • くま:北政所の姉。
  • やや:北政所の妹で北政所と共に、織田信長織田信長の弓衆の浅野長勝の養女となる。浅野長政と結婚。

甥(兄・家定の子)

  • 木下勝俊(長嘯子):北政所の兄・木下家定の長男。小早川秀秋の一三歳上の兄。若狭小浜城主。武将としてはパッとしないが異端の近世歌人となる。享年79
  • 木下延俊(のぶとし):木下家定の三男。小早川秀秋の五歳上の兄。関ヶ原の戦いに功があり、豊後(大分県)日出藩祖となる。享年66
  • 小早川秀秋小早川秀秋:木下家定の五男。幼少の頃より秀吉の養子となるが、秀頼が生まれると小早川隆景小早川隆景の養子となる。享年21

叔父

  • 杉原家次:北政所の叔父。親戚の縁で秀吉に重用され、福知山城主。甥の浅野長政と共に京都所司代。天正一二年(1584)小牧・長久手の戦いがあった年に死没。

妹婿

  • 浅野長政浅野長政:別名長吉。浅野長勝の婿養子。北政所の妹・ややと結婚。秀吉とは相婿(あいむこ/姉妹の夫同士)の関係から重用される。享年65

一口メモ

前項では秀吉系図について詳しく見ましたが、豊臣家系図は北政所の親戚筋に当たる杉原、木下系を頭に入れておくと理解しやすいです。というのも、甥の木下勝俊は近世和歌を語るには外せない人物ですし、延俊は日出藩祖、養子に取った小早川秀秋は言わずもがな。

北政所とは血の繋がりはありませんが、娘婿の浅野長政も豊臣政権を語るうえで外せない存在です。身分が低く最初から家臣団を持っていなかった秀吉は、妻・北政所の親戚筋からも積極的に登用していたことが系図から改めて確認できます。

  

補註

小和田 哲男(著, 監修) 『ビジュアル 戦国1000人 ―応仁の乱から大坂城炎上まで乱世のドラマを読む 』(世界文化社、2009年)

関連記事

豊臣秀吉肖像画素材五三桐家紋軍旗素材秀吉家臣団イラスト