戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

日朝国交回復 年表

徳川幕府 対馬藩 朝鮮国
家康秀忠 宗義智景轍玄蘇 宣祖光海君
慶長三年(1598)一一月 終戦:露梁海峡にて李舜臣と明水軍・陳璘が日本水軍を撃破し、文禄慶長の役幕を閉じる。
慶長五年(1600) 二月、宗義智が小西行長らともに朝鮮に和議の書を送る。捕虜百数十人送還。→ 捕虜百数十人が送還されるが、日本に固く心を閉ざす。
徳川家康、藤堂高虎に捕らえている姜沆の帰国を促す。 六月、姜沆が帰国し国王・宣祖に日本情勢を報告。
九月 関ケ原の戦い。東軍・徳川勝利。→ 宋義智、西軍につくが所領安堵される。
慶長六年(1601) 家康、対馬藩に捕虜送還を指示。→ 対馬藩、使者に橘智正を任命。→ 六月、橘智正来朝し捕虜二五〇人が送還される。一二月再び橘智正来朝し、ものすごい粘り強さで講和を求められる。
慶長八年(1603)
二月
家康が征夷大将軍に就任。→ 宗義智、将軍家康から正式に通信使派遣の要請を請ける。→ 捕虜を送還させ、日本情勢を探る必要性から、僧・惟政(ユジョン)らの派遣決定。↓
慶長一〇年(1605)三月 僧・惟政(ユジョン)らが来日、家康・秀忠と伏見城で謁見。
通信使の派遣、捕虜の送還など合意が成立。
慶長一一年(1606)一月 一三九〇名の朝鮮捕虜を送還した上で、対馬藩を通じて朝鮮通信使派遣を要請。→ 幕府の要請により宗義智の重臣・柳川氏・景轍玄蘇ら訪朝。→ 柳川氏・玄蘇来朝。朝鮮側から最終講和条件として1.侵略中に国王陵墓を盗堀した犯人の引き渡し、2.日本側から先に国書を送ることを掲示。
一一月 柳川氏・玄蘇、朝鮮側の最終講和条約の2は家康が応じないと判断し、Ⅰ朝鮮国書を偽造。返書としてのⅡ日本国書も偽造。→ →朝鮮朝廷、Ⅱ偽装された日本国書を受け取り、偽造と薄々気づきながら大目に見てⅢ朝鮮国王の返書を発行。通信使呂祐吉ら派遣を決定。↓
慶長十二年(1607) 四月、板倉勝重が通信使を京の大徳寺で丁重におもてなし。↓ 三月、宗義智が対馬で通信使を出迎え案内係を務める。京へ← 一月、通信使・呂祐吉(リョウギル)ら漢城を出発。対馬へ←
六月 東海道を通り通信使は案内役・宋義智と共に江戸へ。↓ 柳川氏・玄蘇は辻褄を合わす為に呂祐吉が携えたⅢ朝鮮国王の返書を偽造。下記会見当日すり替え。↓
国交回復・江戸期 第一回朝鮮通信使
通信使・呂祐吉ら五〇四名、江戸城で家康・秀忠と会見。
全国から捕虜一四八〇名を集めさせる。 捕虜一四八〇名とともに通信使、帰国。
慶長一五年(1608)三 月 国王・宣祖死去。第二子の光海君が第一五代国王となる。
慶長一四年(1609)六月 己酉(きゆう)約条締結
宋氏と朝鮮とが結んだ条約。日本からの使いは将軍と宋氏に限られ、貿易船は二〇隻に限られた。
慶長一六年(1611) 景轍玄蘇、対馬にて死去。
元和元年(1615) 五月、大坂夏の陣。 正月、宗義智死去。
元和二年(1615)四月 家康死去。
元和三年(1617)七月 第二回・朝鮮通信使来日
通信使呉允謙ら四二八名が来日し大坂平定を賀す。江戸時代二百余の間、一二回に渡り通信使一行が来日した。

年表の味方

文禄慶長の役後の日朝国交回復は、僅か十年で成立するものの、その過程は複雑なので年表にして、できる限りわかりやくまとめました。

まずは、"日朝の国交は短期間で回復したけれど様々な苦労があった"ということを押さえましょう。

その上で年表の白抜き色付きの箇所と下記解説を目を通していただければ、大まかな流れはOK。詳細については、年表全体を矢印→を頼りに読み進めてください。

解説

七年にも及ぶ文禄・慶長の役終戦した直後から、対馬の宗義智宗義智と外交僧の景轍玄蘇景轍玄蘇が朝鮮に和議を求めます。対馬は朝鮮との貿易が生活の糧になっていたからです。

また、豊臣秀吉豊臣秀吉の強圧外交から近隣との安全第一に切り替えた徳川家康徳川家康は、将軍になると本格的に朝鮮との国交回復を目指しました。

義智と玄蘇、家康の努力により、終戦から僅か十年で第一回朝鮮通信使が来日。江戸時代二百余の間に一二回に渡り通信使一行が来日しました。

宋氏と朝鮮とが締結した己酉(きゆう)約条は、貿易船は二〇隻に限らるなど以前より貿易を制限される内容でしたが、許容範囲と言えるでしょう。

短期間で朝鮮との国交回復を成し遂げた日本でしたが、その過程には様々な苦労があったことを年表をパッと見ておわかりいただけると思います。

近代に入ると、宗義智・景轍玄蘇・家康の苦労が無残にも水の泡に帰していくことになりますが、忘れるってことはやはり裏切りですね。

  

文禄・慶長の役

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

戦後

日朝国交回復年表

朝鮮国 人物

王室:宣祖光海君/朝廷:柳成龍金誠一/陸軍:権慄金時敏沙也可

水軍:李舜臣李舜臣元均/義兵将:郭再祐/学者:姜沆

明国 人物

万暦帝沈惟敬李如松楊鎬陳璘

参考文献

朴春日『朝鮮通信使史話 (雄山閣BOOKS) 』(雄山閣出版、1992年)

瀬野精一郎・佐伯弘次・五野井隆史・新川登亀男・小宮木代良『長崎県の歴史 (県史) 』(山川出版社、第2版2012年)