戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 戦国講座

戦国講座

売買証文における中世と近世の違い

中世文書の特徴

長右衛門さん
売買証文に宛名を書かない!?
戦国時代の人

売買証文において、戦国時代を含む中世文書は宛名を書きません。それは中世の村社会では、宛名にこだわらず、その書面を保持していることに意味があるからです。

逆に近世文書(江戸時代の文書)では、文末に記載されてある宛名の者が、権利を主張することができます。

何故、近世に入ると宛名が登場するのでしょうか。それについてはまだ、専門家の間でも残念ながらわかっておりません。しかし近世の村社会は、個人間でも土地の売買が頻繁に行われ、複雑になってきた経緯から、宛名は必要不可欠になってきたのでは?と考えられます。

戦国時代を含めた中世文書に出てくる証人は、ひとりかふたりです。中世は近世よりも遥かに、文字を書ける人が限られてます。よって証文を書いている人自体が村における知識階層なるので、証人もまた名主、僧侶といった、比較的身分の高い者がなっています。

近世文書の特徴

証人バブルの江戸時代
証人バブルの江戸時代

文字が普及した近世は、証人の数が多いのが特徴です。名主から身分の低い人たちまで、実に様々な者が証人になります。売買証文に限らず、年貢を納めた時や、養子縁組の際の証文なども、五以上の連判は珍しくもなんともありません。

これは近世(江戸時代)の村社会、つまり各村々が、自立した強い共同体によって形成されていることを意味します。つまり、もめごとは村内の仲間で協力して解決する姿勢が、証人や連判の数として反映されているのです。

また逆に数はともかく、ひとりでも「証人」がいることが、戦国時代と江戸時代の文書の共通点になります。中世前期の証文には、証人は出てこないそうです。

証人
証人は一人で充分の戦国時代

大きな共通点

近世(江戸時代)の文書は、何かと埒明文言が出てきます。問題が生じたら必ず解決します、ということを近世の証文では決まり文句として、文中に非常によく出てきます。ではこの決まり文句はいつ頃から登場したのかと申しますと、戦国時代あたりから登場してくるようです。

戦国時代と江戸時代の文書の相違点ばかりお話してきましたが、証人表記と埒明文言だけは戦国時代の流れを組んで、江戸時代の文書に反映されています。何かあった時に問題解決をするのが証人なので、証人表記と埒明文言は必然的にセットになります。

  

参考資料

渡辺尚志 (編集)『村落の変容と地域社会 (新しい近世史) 』(新人物往来社、1996)

秋山 高志, 前村 松夫, 北見 俊夫, 若尾 俊平 (編集)『図録 農民生活史事典 』(柏書房、1991)

関連記事

戦国大名は何か刀狩りとは

風林火山の意味石高換算表