戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

南原(ナモン/なんげん)の戦い

慶長の役の流れ

慶長二年(1597) 慶長三年(1598)
日本軍北上 形勢逆転 日本軍南下 倭城に籠る 8月秀吉死去、続々と帰国 最後の戦い
7月中旬 8月中旬 9月初旬 同中旬 12月下旬 10月初旬 9~10月初旬 11月中旬
漆川梁海戦 南原の戦い 稷山の戦い 鳴梁海戦 蔚山の戦い 泗川の戦い 順天の戦い 露梁海戦

基本データ

南原の戦い
年月日 慶長2年(1597)8月12日~16日
場所 全羅道 南原(邑ゆう)城
概要 第二次晋州城の戦いを彷彿させる日本軍オールスターによる大量殺戮。
対戦軍 兵数 日本軍 56,000人 明・朝鮮連合軍 5,000人
大将 宇喜多秀家宇喜多秀家 明 副総兵 楊元(ようげん)
部隊(数字は兵数) 南原城東面:蜂須賀家政(7,200)、生駒一正(2,700)ら/南面:宇喜多秀家(10,000)、藤堂高虎藤堂高虎(2,800)、脇坂安治脇坂安治(1,200)、軍目付・太田一吉(390)ら/西面:島津義弘島津義弘(10,000)、長宗我部元親長宗我部元親(3,000)、小西行長小西行長(7,000)、宗義智宗義智(1,000)、軍目付・竹中重隆(300)ら/北面:黒田長政黒田長政(5,000)、加藤嘉明加藤嘉明(2,800)、来島通総来島通総(600)、毛利吉成(2,000)ら。 明軍(3,000):李新芳(りしんほう)
朝鮮軍(1,000):全羅兵使・李福男(イボクナム)、助防将・金敬老(キムキヨンノ)、別将・申浩(シンホ)、防禦使・呉対井(オウンジョン)、南原府使・任鉉(イムヒョン)、南原判官・李徳(イドク)フエ、求礼県監・李元春(イウォンチュン)、順天府使・呉応鼎(オウンジョン)、接伴使・鄭期遠、閔濬(ミンジュン)
その他:南原周辺の庶民・婦女子、降倭ら
勝敗 勝(南原城陥落、大量殺戮と鼻切りを行う。) 負(楊元脱出、朝鮮軍全滅。)

解説

1.経緯

慶長の役_主な戦い
図1:慶長の役 日本軍進路図

豊臣秀吉豊臣秀吉の命により慶長二年(1597)、日本軍朝鮮へ再侵攻

同年七月、藤堂高虎藤堂高虎脇坂安治脇坂安治らが漆川梁(チルチョンリャン)元均率いる朝鮮水軍を撃ち破りました。

八月はじめ、日本軍は総大将・小早川秀秋小早川秀秋を釜山に留め、軍全体を左右に分けて、毛利秀元毛利秀元を総帥とする右軍(加藤清正・黒田長政ら)は慶尚道から北上して、首都ソウル再侵入を目指しました。

宇喜多秀家宇喜多秀家を総帥とする左軍(小西行長・島津義弘ら)は慶尚道から穀倉地帯の全羅道・南原(邑ゆう)城へ進軍しました。

2.南原の戦い

南原の戦い
図2:南原の戦い

南原(ナモン)城は、文禄の役で攻略できなかった全羅道の要衝。

漆川梁海戦後、七日島津義弘島津義弘軍が、八日には水軍の藤堂高虎軍が南原に迫りました。

南原城には、明副総兵の楊元(ようげん)率いる三〇〇〇人が進駐し、更に全羅兵使・李福男(イボクナム)率いる朝鮮軍一〇〇〇人余が合流し、防衛にあたりました。

一二日、先鋒の小西行長小西行長軍が南原城近くで放火。一三日に東西南を包囲。一五日、楊元は日本軍に和議を申し入れましたが、行長は楊元に直ちに退城をすることを要求。これには楊元も拒否せざるをえませんでした。

一六日、日本軍五六〇〇〇人が南原城の四方を包囲。東面は蜂須賀家政・生駒一正ら、南面は宇喜多秀家・藤堂高虎・脇坂安治・軍目付の太田一吉ら、西面は島津義弘・長宗我部元親長宗我部元親・小西行長・宗義智宗義智・軍目付の竹中重隆ら、北面は黒田長政黒田長政加藤嘉明加藤嘉明来島通総来島通総・毛利吉成(2,000)ら。

激戦の末、明副総兵・楊元は真っ先に南原城を脱出。これに対し、全羅兵使・李福男(イボクナム)はじめ取り残された朝鮮軍は全滅し、南原城は陥落しました。然しながら南原周辺の庶民、婦女子までも果敢に戦い、降倭も力戦。朝鮮側の記録によると、この時、降倭たちは「多数賊を斬り、その身に至っては傷をこうむっても顧みず」ほどに勇敢に戦いました。

この時の様子は、南原城外で見ていた金孝義(キムヒョイ)という者が柳成龍に詳細に伝えました(『懲毖録』)。南原の戦いでは、大量殺戮と徹底した鼻切りが行われました。諸大名は家臣が切り取った鼻を軍目付へ差出し、鼻請取状をもらいました。これは諸大名にとっては戦功のあかしであり、実際の文書が現在まで多く残っています。

姜沆は文官として南原で軍糧を運搬する監督をしていましたが、南原落城後、藤堂高虎の軍に捕らわれて、日本に連行されました。

  

文禄・慶長の役

慶長の役 主な戦い

漆川梁海戦/南原の戦い/稷山の戦い鳴梁海戦蔚山の戦い泗川の戦い順天の戦い

文禄の役 主な戦い

玉浦海戦閑山島海戦第一次晋州城の戦い平壌の戦い碧蹄館の戦い

幸州山城の戦い第二次晋州城の戦い

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

戦後

日朝国交回復年表

朝鮮国 人物

王室:宣祖光海君/朝廷:柳成龍金誠一/陸軍:権慄金時敏沙也可

水軍:李舜臣李舜臣元均/義兵将:郭再祐/学者:姜沆

明国 人物

万暦帝沈惟敬李如松楊鎬劉綖陳璘

参考文献

笠谷 和比古, 黒田 慶一 『秀吉の野望と誤算―文禄・慶長の役と関ケ原合戦 』(文英堂、2000年)

北島万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略 (日本歴史叢書) 』(吉川弘文館、1995年)