戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

来島通総(くるしま-みちふさ)

プロフィール

来島通総
Mitifusa Kurushima

伊予国の戦国大名。幼名・牛松丸、通称・助兵衛。

救国の英雄・李舜臣と全面対決した村上水軍の雄。

村上水軍は能島・来島・因島の三氏あり、毛利元就から頼りにされていた来島城主の父・通康が病死すると僅か七歳で家督を継ぐ。

石山合戦では、毛利についた能島・因島と違い、来島は織田について一度は毛利水軍に撃破されるも、二度目は九鬼嘉隆水軍と共に毛利水軍を撃破した。

「陸」が天下統一に進むことに比例して、海賊の時代も終焉に向かい、秀吉の四国征伐で軍功を立てると大名となり、脱海賊に成功する。

文禄の役では兄・通之と共に四国衆として第五軍に属す。しかし日本水軍が連敗すると水軍に配置替えとなり、満を持して兄と共に李舜臣率いる朝鮮水軍に挑む――

享年38(生1561~没1597)。福島正則井伊直政と同い年。

詳細

1.偉大なる父・通康

天正期の瀬戸内海周辺諸国地図
図1:天正期の瀬戸内海周辺諸国

来島通総通総は、伊予国(愛媛県)来島の城主・村上通康(みちやす)の第四子として永禄四年(1561)に誕生。

母は主家の河野通直(こうの-みちなお)の娘。父・通康は、通直から海賊たちの王・河野宗家の後継者として擁立されたほど河野氏と関係が深い村上水軍でした。

村上水軍は、能島(のしま)・来島(くるしま)・因島(いんのしま)の三氏あり、この三島村上氏は一致団結していたわけでなく緩やかな同盟関係にありました。

父・通康が、弘治元年(1555)毛利元就毛利元就VS陶晴賢の厳島の戦いに参戦したかはわかっていませんが、その後の陶氏残党掃討戦、豊後沖の海戦に同盟関係から加勢。その功績は毛利氏にとって多大でした。

そんな通康が永禄同十年に病死。通康の死は毛利氏にとって痛恨の一大事でしたが、翌年には元就も死去。通康の死により、通総は僅か七歳で来島城主なり、また、通総の代から村上から来島を名乗りました。

2.大坂 木津川口の戦い

木津川口の戦い
能島 毛利氏に加勢
来島 織田氏に加勢
因島 毛利氏に加勢
※詳細は村上水軍とは(後編)を参照。

元就死後の家督を継いだ毛利輝元毛利輝元は、天正四年(1576)四月、織田信長織田信長に追われた第一五代将軍・足利義昭足利義昭を迎え、石山本願寺と結んで信長との対決を決意。

小早川隆景小早川隆景は厳島の戦い同様、三島村上水軍に応援を要請。能島と因島村上水軍は毛利に加勢することになりましたが、十六歳の当主通総率いる来島村上水軍は織田氏に加勢することに。

かくして同年七月の第一次木津川口海戦は、毛利水軍が織田水軍を見事にかわして本願寺に兵糧を運び、織田水軍が敗退しました。

しかし同六年十月の第二次木津川口海戦は、九鬼嘉隆九鬼嘉隆が建造した甲鉄戦艦と来島村上水軍の活躍で、織田水軍は毛利水軍を撃破しました。

水軍

3.能島水軍との戦い

村上武吉を当主として日本最大の海賊と恐れられていました能島。

しかし来島のように主体的に土地に基盤をおかなかった能島氏は、織田信長の瀬戸内海進出によって、毛利氏に頼らざるをえなくなってしまいました。

天正十年(1582)通総二二歳の時、来島は主家河野氏に離反して秀吉に属しました。木津川口の戦いで来島憎しの毛利は、因島に加えて能島と河野氏も味方につけて来島を攻撃。

来島は能島の攻撃に苦戦を強いられましたが、時代はもはや毛利でも海賊能島でもありません。豊臣秀吉羽柴秀吉は、本能寺の変を知ると直ちに毛利氏と和睦し、山崎で明智光秀明智光秀軍を撃破しました。

4.海賊から大名へ

文禄年間 中国・四国諸大名配置図
図1:文禄年間 中国・四国諸大名配置図

秀吉が天下統一のため同十三年四国征伐に踏み切ると、通総は兄の得居通之(とくい-みちゆき)とともに小早川隆景の指揮下にあって軍功を立てました。

この戦功により通総は伊予国野間・風早両郡で一万四千石の大名に取り立てられ、兄通之は三千国の所領を与えられました。

伊予河野氏当主・通直(みちなお)は、これに降伏して領国を喪失。

同一六年七月には秀吉が「海賊禁止令」を発布。組織的な海賊衆は史上から姿を消え、能島・因島村上氏は毛利の一家臣に収まることとなりました。

5.李舜臣に挑む来島兄弟

文禄の役地図_来島通総
図2:文禄の役 朝鮮全土関係図
日本軍進路と主な海戦

そのあと秀吉の九州征伐、小田原征伐にも水軍と従軍。そして文禄元年(1592)四月、三二歳の通総は三六歳の兄・通之と共に第五軍四国勢の福島正則福島正則長宗我部元親長宗我部元親に属して朝鮮へ渡海しました。

第五軍は、釜山と首都ソウル・漢城の中間点の忠清道にて兵站の保全と輸送が主な任務。

しかし藤堂高虎藤堂高虎率いる日本水軍が玉浦で李舜臣率いる朝鮮水軍に撃破されたのを皮切りに連戦連敗すると、秀吉の命によって来島兄弟は水軍に配置替えに。

同年六月七日、村上水軍の雄・満を持して李舜臣李舜臣率いる朝鮮水軍に挑みますが、巨済島南部・栗浦にて破れ、兄・通之は戦死しました。

6.鳴梁海戦

鳴梁海戦
図3:鳴梁海戦

一時停戦を経て、慶長の役が始まると三七歳の通総は再び朝鮮へ渡海。この頃、李舜臣は同僚の元均の陰謀よって更迭されて元均が朝鮮水軍を率いていました。

慶長二年(1597)七月一六日、藤堂高虎藤堂高虎脇坂安治脇坂安治加藤嘉明加藤嘉明が率いる日本水軍は漆川梁(チルチョンリャン)にて元均率いる朝鮮水軍を撃破。元均は戦死、李舜臣が作り上げた朝鮮水軍はこの一戦でほぼ壊滅しました。

二ヶ月後の同年九月一六日、藤堂高虎・脇坂安治・加藤嘉明・通総らが兵船一三三隻が鳴梁(ミョンリャン)海峡に迫りました。

対する李舜臣李舜臣率いる朝鮮水軍は十三隻。通総に兄の仇(かたき)を討つ機会が訪れました。

しかし鳴梁の潮流を熟知していた朝鮮水軍に苦戦。朝鮮水軍十三隻に日本水軍一三三隻は惨敗し、戦闘中に通総は戦死しました。

能島・因島と違っていち早く脱海賊に成功した来島に見えましたが、結局の所、三島の中で最も海賊にふさわしい死に様を見せた通総。その死は村上水軍の歴史と共に鳴梁海峡の底に沈んでいったのでした…。

来島通総 相関図

家族・親戚

父は村上水軍の雄 来島通康、母は海賊たちの王・伊予河野氏通直の娘

いとこ:毛利秀元毛利秀元

木津川口の戦い

毛利氏:毛利輝元輝元小早川隆景小早川隆景

織田氏:織田信長織田信長九鬼嘉隆九鬼嘉隆

文禄・慶長の役

最高司令官:豊臣秀吉豊臣秀吉

日本水軍:藤堂高虎藤堂高虎脇坂安治脇坂安治加藤嘉明加藤嘉明

朝鮮水軍:李舜臣李舜臣

  

来島通総 リンク

肖像素材イラスト

文禄・慶長の役

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

戦後

日朝国交回復年表

参考文献

金谷 匡人 『海賊たちの中世 (歴史文化ライブラリー) 』(吉川弘文館 、1998年)

宇田川 武久『戦国水軍の興亡 (平凡社新書) 』(平凡社 、2002年)

国史大辞典編集委員会『国史大辞典 (4) 』(吉川弘文館、1984年)

北島 万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略 (日本歴史叢書) 』(吉川弘文館、1995年)