戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

九戸政実(くのへ-まさざね)

プロフィール

九戸政実
Masazane Kunohe

岩手県の戦国武将で奥州南部氏の一族。

奥州南部氏は三家、三戸、八戸、九戸が支配しており、最も力があったのが九戸。

しかし次の当主が政実の弟ではなく、宗家三戸の南部信直に決定すると、これに不満の政実は宗家に攻撃をしかける。

信直が豊臣秀吉に泣きついた為、豊臣の大軍勢が奥州に攻めて来た。

しかし政実は少数で迎え撃ち、豊臣の大軍勢にまさかの大打撃を与えた。

享年57?(生1535?-没1591)。

同い年くらいの武将は佐々成政豊臣秀吉よりひとつ年上くらい。

詳細

豊臣秀吉豊臣秀吉が天下統一に向けて、小田原北条氏(北条氏政北条氏政)を滅ぼし、最後に戦う相手となったのは、奥州南部氏(岩手県を中心とした東北地方)の九戸政実でした。

奥州南部氏は三家、三戸、八戸、九戸が支配しており、最も力があったのは九戸でした。九戸政実は、財力もさながら、人望もあり勇猛な武将として名高い人物でした。

宗家三戸南部氏の当主が死ぬと、政実は実の弟・実親(さねちか)を次の当主に推しました。しかし当主は、宗家三戸の田子信直(たつこのぶなお)のちの南部信直南部信直に決まりました。

九戸一族はこの決定に大きな不満を持ち、三戸宗家にとうとう攻撃をしかけ、どんどん城を落としていきました。当主の信直は豊臣秀吉豊臣秀吉に助けを求めました。

そして豊臣大討伐軍が奥州に攻めて来ました。九戸軍五千に対して、豊臣軍六万。豊臣軍は総大将として豊臣秀次、配下に蒲生氏郷蒲生氏郷浅野長政浅野長政石田三成石田三成井伊直政井伊直政などの並みいる武将が参戦。豊臣軍、天下統一最後の総仕上げとして、九戸政実が守る九戸城を包囲しました。

あっさりと落城するかと思われた九戸城。しかし、豊臣軍の総攻撃に対し、九戸政実は豊臣軍に大きな打撃を与え、九戸城は容易に落ちませんでした。兵糧がつきてしまう前に、早い所、九戸城を落とさなければならない豊臣軍。

浅野長政は助命を約束に開城を要求、九戸政実も、もはやこれまでと、城を明け渡しました。

しかし助命の約束は守られず、また九戸政実はじめ、九戸一族も初めから死は覚悟しており、豊臣軍により九戸一族はみな処刑されました。知略を持って大軍を迎え撃つ、九戸政実。時勢に逆らうその姿は、ロマンを感じさせます。

九戸政実相関図

ライバル

ライバル:南部信直南部信直豊臣秀吉豊臣秀吉 

九戸城を包囲し、九戸政実と対戦した武将

豊臣秀次

浅野長政浅野長政石田三成石田三成井伊直政井伊直政蒲生氏郷蒲生氏郷など

  

九戸政実関連リンク

津軽為信と陸奥三国志