戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

近畿地方 諸大名配置図

地図

文禄年間(1592~95年)

文禄年間 近畿の諸大名配置図

文禄の役 日本軍 近畿勢

武将名(居城)動員数(人)
 第九軍
11,500
諸隊
12,000
朝鮮奉行
7,200
細川忠興
(丹後宮津)3,500
中川秀政
(播磨三木)3,000
石田三成
(近江佐和山)2,000
羽柴秀勝
(肥後宇土)8,000
宮部長煕
(因幡鳥取)2,000
大谷吉継
(越前府中)1,200
南条元清(伯耆岩倉)1,500、稲葉貞道(美濃郡上)1,400、亀井茲矩(因幡鹿野)、木下重賢(播磨若桜)850、赤松広通(但馬竹田)800、明石則実(播磨明石)800、別所吉治(丹波園部)500、垣屋恒総(因幡浦住木山)400 増田長盛(近江水口)1,000、加藤光泰(甲斐甲府)1,000、前野長康(但馬出石)2,000

解説

第九軍および諸隊

文禄・慶長の役では主に九州の大名を中心とした西国の大名が動員されました。

よって、近畿地方の武将が主力となって戦うことはありませんが、第九軍の細川忠興素材細川忠興(丹後宮津)は英雄・金時敏晋州城で死闘を繰り広げました。

また諸隊として中国東部から近畿東部の諸大名が渡海。特に赤松広通(但馬竹田)はのちに、慶長の役 で捕らわれた朝鮮の学者・姜沆の帰国を藤原惺窩と共に助けます。

朝鮮奉行

主力の日本軍の多くは文禄元年(1592)四月に渡海。三カ月程遅れて朝鮮奉行の石田三成石田三成(近江佐和山)・大谷吉継大谷吉継(近江佐和山)らが首都ソウルに着陣。朝鮮奉行の目的は秀吉の言伝と日本軍の監察でしたが、既に追い詰められた日本軍の即戦力として戦うことになります。

近畿の大大名・豊臣秀保

この頃、近畿地方南部一帯を治めていたのは豊臣秀長豊臣秀長の養子・秀保(ひでやす)です。豊臣秀吉秀吉の弟・秀長は、朝鮮侵攻反対派の筆頭格でしたが天正一九年(1591)一月に死去。秀長の遺領は、秀長の養子・秀保が譲り受けました。

その中に紀伊国の海賊衆があり、翌年文禄の役が始まると一四歳の秀保の名代として藤堂高虎藤堂高虎は、紀伊国の海賊衆を率いて朝鮮へ渡海しました。

  

文禄・慶長の役

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国/近畿/東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

戦後

日朝国交回復年表

朝鮮国 人物

王室:宣祖光海君/朝廷:柳成龍金誠一/陸軍:権慄金時敏沙也可

水軍:李舜臣李舜臣元均/義兵将:郭再祐/学者:姜沆

明国 人物

万暦帝沈惟敬李如松楊鎬陳璘

参考文献

児玉 幸多 (編集)『日本史年表・地図(2016年版) 』(吉川弘文館、2016年)

笠谷 和比古, 黒田 慶一 『秀吉の野望と誤算―文禄・慶長の役と関ケ原合戦 』(文英堂、2000年)