戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

中国・四国地方 諸大名配置図

中国・四国地方地図

文禄年間(1592~95年)

文禄年間中国・四国諸大名地図

色分けは下の表に相関。

文禄の役 日本軍 中国・四国勢

武将名(居城)動員数(人)
 第五軍・四国衆
18,700
第七軍
30,000
第八軍・総大将
10,000
水軍
9,200
福島正則
(伊予今治)4,800
毛利輝元
(安芸広島)30,000
宇喜多秀家
(備前岡山)10,000
九鬼嘉隆
(志摩鳥羽)
戸田勝隆
(伊予板島)3,900
藤堂高虎
(紀伊紛河)
長宗我部元親(土佐浦戸)3,000・蜂須賀家政(阿波徳島)7,200・生駒親正(讃岐高松)5,500、来島通総(伊予風早)700 脇坂安治(淡路洲本)、加藤嘉明(伊予松崎)

解説

文禄・慶長の役では主に九州の大名を中心とした西国の大名が動員されました。

領主が変わりまくる伊予国

文禄の役日本軍・第五軍は四国の諸大名で編成されています。伊予国(現・愛媛県)は往古から海賊たちの王・河野氏が支配していました。

しかし秀吉が天下統一を果たすと河野氏は滅びて伊予国の領主は、小早川隆景小早川隆景福島正則福島正則・戸田勝隆・加藤嘉明加藤嘉明と目まぐるしく(このあとも)変わります。

こんなに目まぐるしく領主が変わる国も珍しく、今回私が地図を作成したキッカケというのも、実は伊予と日本水軍整理のためです。

日本水軍

さて、元織田信長織田信長の水軍将である九鬼嘉隆が日本水軍に配属されるのは理解できると思います。

では、藤堂高虎藤堂高虎(紀伊紛河)・脇坂安治脇坂安治(淡路洲本)・加藤嘉明加藤嘉明(伊予松崎)は何なのかというと、秀吉から宛がわれた新領地が水軍の国のゆえの参加となります。

村上水軍の雄・来島通総来島通総(伊予風早)は当初第五軍に属していますが、苦戦続きの日本水軍を救うべく水軍に配置替えになりました。

第七と八軍

第七軍は安芸広島の毛利輝元毛利輝元。毛利氏は第六軍の小早川隆景はじめ日本軍の主力であり、第八軍の宇喜多秀家宇喜多秀家は文禄の役・総大将です。

  

文禄・慶長の役

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州/中国・四国/近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

戦後

日朝国交回復年表

朝鮮国 人物

王室:宣祖光海君/朝廷:柳成龍金誠一/陸軍:権慄金時敏沙也可

水軍:李舜臣李舜臣元均/義兵将:郭再祐/学者:姜沆

明国 人物

万暦帝沈惟敬李如松楊鎬陳璘

参考文献

児玉 幸多 (編集)『日本史年表・地図(2016年版) 』(吉川弘文館、2016年)

笠谷 和比古, 黒田 慶一 『秀吉の野望と誤算―文禄・慶長の役と関ケ原合戦 』(文英堂、2000年)