戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

九州地方 諸大名配置図

文禄年間(1592~95) 九州地方地図

文禄年間九州の諸大名地図

色分けは下の表に相関。

文禄の役 日本軍九州勢

武将名(居城)動員数(人)
 第一軍
18,700
第二軍
10,000
第三軍
5,000
第四軍
10,000
第六軍
15,700
小西行長
(肥後宇土)7,000
加藤清正
(肥後熊本)10,000
黒田長政
(豊前中津)5,000
島津義弘
(大隈粟野)10,000
小早川隆景
(筑前名島)10,000
宗義智
(対馬府中)5,000
鍋島直茂
(肥前佐賀)12,000
大友義統
(豊後府中)6,000
毛利吉成(森吉成)
(豊前小倉)2,000
毛利秀包
(筑後久留米)1,500
松浦鎮信(肥前平戸)3,000、有馬晴信(肥前日野江)2,000、大村喜前(肥前大村)1,000、五嶋純玄(肥前五島)700 相良長毎(肥後人吉)800 高橋元種(日向高鍋)・ 秋月種長(日向財部)・伊東祐兵(日向飫肥) 島津忠豊(日向高城)2,000 立花宗茂(筑後柳川)2,500、高橋直次(筑後三池)800、筑柴広門(筑後山下)900

解説

戦国時代の合戦は一般的に、敵国から近い武将が先鋒以下に順次配属されます。

これにより文禄の役日本軍・第一~四および六軍に配属された諸大名は全て九州の諸大名で構成されています。それを地図と表に示しました。

文禄の役の中心人物はまさに小西行長小西行長加藤清正加藤清正黒田長政黒田長政島津義弘島津義弘小早川隆景小早川隆景で、文禄役ファイブとして優先的に覚えておくとよいです。

文禄の役の戦いの舞台は朝鮮ですが、だからこそ各諸大名が本国日本ではどこを居城にしているのか把握していた方がこの戦いは理解しやすいです。

さて、第一~四および六軍は全て九州勢でシンプルに編成されているのに対し、第五軍や水軍の編成はちょっと複雑です。それでは、次ページから九州勢以外の軍勢を見てみましょう。

  

文禄・慶長の役

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図:九州/中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

戦後

日朝国交回復年表

朝鮮国 人物

王室:宣祖光海君/朝廷:柳成龍金誠一/陸軍:権慄金時敏沙也可

水軍:李舜臣李舜臣元均/義兵将:郭再祐/学者:姜沆

明国 人物

万暦帝沈惟敬李如松楊鎬陳璘

参考文献

児玉 幸多 (編集)『日本史年表・地図(2016年版) 』(吉川弘文館、2016年)

笠谷 和比古, 黒田 慶一 『秀吉の野望と誤算―文禄・慶長の役と関ケ原合戦 』(文英堂、2000年)