戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

秀吉による朝鮮八道色分け地図

朝鮮全土

秀吉による朝鮮八道色分けと諸大名担当地域

秀吉による朝鮮八道色分けと諸大名担当地域

YOUは何故そんな色分けを?

朝鮮は八道(全羅・慶尚・忠清・江原・京畿・黄海・平安・咸鏡)に区分されています。これら八道の「道」とは行政上の区画の意味で、日本の都道府県に当たります。

朝鮮を制圧するにあたり豊臣秀吉豊臣秀吉は、対馬島主宗義智宗義智からもらった「朝鮮八道図」を赤国(全羅道)、白国(慶尚道)、青国(京畿道と忠清道)、黄国(江原道と平安道)、黒国(咸鏡道)、緑国(黄海道)と六つに色分けし、その色分けに基づいて諸将の分担地域を決めました。

漢字が読めないから、八道を覚える気がないから色分けしたであろう秀吉の発想自体泣けてきますが、八つではなく六つに色分けって意味がわかりません。

然しながら、赤国(あかくに)=全羅道だけは覚えておいておくといいでしょう。

全羅道は穀倉地帯ですが、義兵活動が盛ん且つ全羅左水使・李舜臣李舜臣が防衛を固めている為、最も制圧が困難な地域でした。ゆえに日本軍にとって「赤国」は何が何でも制圧したい「象徴」になりました。

諸大名担当地域

秀吉は朝鮮全域を色分けすると共に、諸大名に以下の通り分担地域を定めました。

文禄・慶長の役について詳しくなりたい場合は、八道の位置を把握すると共に、秀吉を反面教師として八道の名前を韓国語読みできるまでになりましょう。

その際、各大名の担当地域と一緒に覚えると(彼らの名前には親しみがあると思いますので)覚えやすいかもしれません。

然しながら全羅道担当の小早川隆景は、文禄元年(1592)七月、錦山(クムサン)において権慄with義兵将郭再祐&金誠一連合軍の迎撃を受けて、全羅道に侵入できていないのでご注意ください。

  

文禄・慶長の役

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図/朝鮮八道色分け地図/文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

戦後

日朝国交回復年表

朝鮮国 人物

王室:宣祖光海君/朝廷:柳成龍金誠一/陸軍:権慄金時敏沙也可

水軍:李舜臣李舜臣元均/義兵将:郭再祐/学者:姜沆

明国 人物

万暦帝沈惟敬李如松楊鎬陳璘

参考文献

笠谷 和比古, 黒田 慶一 『秀吉の野望と誤算―文禄・慶長の役と関ケ原合戦 』(文英堂、2000年)

北島万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略 (日本歴史叢書) 』(吉川弘文館、1995年)

上垣外 憲一『空虚なる出兵―秀吉の文禄・慶長の役 (Fukutake Books) 』(福武書店、1989年)